マンションを買うなら60㎡にするべき2つの理由

書籍『マンションを買うなら60㎡にしなさい』が売れている。この書籍が売れている理由は、マンションを買う人の価値観が変わったから。具体的にどう変わったのか?というと、「一生」住むから「仮に」住むである。このマンションに住む価値観が「一生」から「仮に」変化したことでマンションの資産性を重視する人が増えてきている。

プラウド住吉、オーベル住吉マスターテラス、メイツ深川住吉のマンションを比較してみた

2020年、東京都江東区住吉にはプラウド住吉、オーベル住吉マスターテラス、メイツ深川住吉の3つのマンションが新しく建ちます。住吉でマンション購入検討をしている方はこの3つのマンションで迷われていることでしょう。そこで、3つのマンションの比較表を作成しましたので、マンション選びの参考にしてください。

江東区住吉で不動産投資をする前に知っておいて欲しいたった1つのこと

豊洲、有明、東雲に比べて江東区の中でも地味な印象のある住吉。しかし、江東区の中では坪単価も安く、再開発の可能性があり、今後のポテンシャルは期待できる街です。なぜなら、2019年3月頃に地下鉄8号線(有楽町線)が豊洲~住吉で延伸する可能性が示唆されているからです。つまり、住吉は半蔵門線、都営新宿線に加えて有楽町線の3つの路線が通る駅になるのです。

サブリースで不動産投資をする前に知っておきたいメリット・デメリット

サブリースとは、賃貸マンション・アパートのオーナーよりサブリース業者が一括で借り上げ、一定の家賃を支払う仕組みです。例えば、家賃10万円のワンルームのオーナーはサブリース業者とサブリース契約を締結することで、家賃10%程度の手数料をサブリース業者へ支払います。その代わり、

区分マンション不動産投資をする前に知っておきたいマーケット相場把握の方法

区分マンションの不動産投資をする時にはマーケット相場を把握することが最も重要です。なぜなら、区分マンションの売買価格、家賃価格は全て売る人の言い値で決まっているからです。特に売買価格はこの傾向が強く、昨日2000万円した区分マンションが明日には2200万円の値が付くことは日常茶飯事です。

メディオテック(ひなた発電所)で太陽光発電投資をする前に知っておいて欲しいこと

株式投資、FX、不動産投資と比較される太陽光発電投資ですが、これら投資と決定的に違う点は固定価格買い取り制度(FIT)です。固定価格買い取り制度(FIT)とは、国が太陽光をはじめとした再生可能エネルギーをを後押しする制度であり、家庭、企業などが発電した電力を10-20年の間固定した価格で買い取ることを義務づけている制度です。

スポンサーリンク