ジーエヌアイグループ/GNI(2160)の株価/株式を買う前に知っておきたい7つのこと

ジーエヌアイグループ/GNI(2160)とは

ジーエヌアイグループ/GNI(2160)は中国を拠点として医療用医薬品の開発、製造、販売を実施する製薬会社です。

既に上市されている特発性肺線維症の治療薬アイスーリュイをはじめ、肝線維症のF351、急性前骨髄球性白血病(APL)のタミバロテンなど、ジーエヌアイグループ/GNI(2160)は創薬ベンチャーの中では比較的後期の臨床試験段階にあるパイプライン(新薬候補)を有する創薬ベンチャー企業です。

また、中国の処方箋薬局、ECサイト、デパート、コンビニエンスストアなどジーエヌアイグループ/GNI(2160)が有する流通チャネルを利用して、東光薬品工業が製造する冷却シート『熱ちゅクール』を販売しております。

ジーエヌアイグループ/GNI(2160)のパイプライン(新薬候補)

1.アイスーリュイ

放射線性肺炎、糖尿病腎症、結合組織疾患を伴う間質性肺疾患に適応のあるパイプライン(新薬候補)です。なお、特発性肺線維症の適応では既に製造販売承認を取得しております。

2.F351

肝線維症などに適応のあるパイプライン(新薬候補)です。

3.タミバロテン

急性前骨髄球性白血病(APL)に適応のあるパイプライン(新薬候補)です。国内では2005年に東光薬品工業株式会社が承認を受けています。

ジーエヌアイグループ/GNI(2160)の株価/株式に対する投資家のコメント

ジーエヌアイグループ/GNI(2160)の株価/株式チャート

ジーエヌアイグループ/GNI(2160)の株価/株式の上昇材料

臨床試験の進展

2017年10月2日、肝線維症に適応のあるパイプライン(新薬候補)であるF351が米国にて第Ⅰ相臨床試験の開始が承認される。その後、2017年10月2日付で545円の株価をつけました。

ジーエヌアイグループ/GNI(2160)の株価/株式の下落材料

増担保金徴収措置解除

2017年4月13日、ジーエヌアイ株の信用取引に関する臨時措置を解除。その後、2017年4月3日付の年初最高値938円より2017年6月7日付389円まで約41%の下落

ジーエヌアイグループ/GNI(2160)の関連銘柄

1.イーピーエス株式会社(4282)

肝線維症などに適応のあるパイプライン(新薬候補)であるF351、急性前骨髄球性白血病(APL)に適応のあるパイプライン(新薬候補)であるタミバロテンの早期開発を目的とし、GNI-EPS Pharmaceuticals, Inc.(合弁会社)をイーピーエス株式会社と設立しています。

スポンサーリンク