サンバイオ(4592)の株価/株式を買う前に知っておきたい7つのこと

サンバイオ(4592)とは

サンバイオは脳梗塞をはじめ、外傷性脳損傷、加齢黄斑変性、網膜色素変性、パーキンソン病、脊髄損傷及びアルツハイマー病など既存の医療・医薬品では対処できない中枢神経系領域の疾患に対する再生細胞薬を開発する会社である。

再生医療の開発を手がける企業は複数あるが、サンバイオと他の企業の違いは麗沢な研究開発費を有している点である。”現状の開発に必要な資金は調達済み”と決算説明会の冒頭で紹介するように、みずほ銀行より16億円、カリフォルニア州再生医療機構(CIRM)より20百万米ドルもの資金調達をサンバイオは既に済ませている。

後者の資金はパイプライン(新薬候補)であるSB623の脳梗塞の適応取得のために実施している第IIb相試験の経過に応じて提供されるものであり、2017年10月30日現在、患者組み入れ65%達成時点分の資金提供を受けている。

サンバイオ(4592)のパイプライン(新薬候補)

1.SB623

脳梗塞(慢性期)、外傷性脳損傷に適応のあるパイプライン(新薬候補)

2.SB618

末梢神経障害に適応のあるパイプライン(新薬候補)

3.SB308

筋ジストロフィーに適応のあるパイプライン(新薬候補)

サンバイオ(4592)の株価/株式に対する投資家のコメント

サンバイオ(4592)の株価/株式チャート

サンバイオ(4592)の株価/株式に関するIRニュース(上昇)

1.大型資金調達の成功

2017年7月1日、カリフォルニア州再生医療機構(CIRM)より20百万米ドルの研究開発費調達を公表。その後、2017年7月3日の株価は1694円へ急騰する。

サンバイオ(4592)の株価/株式に関するIRニュース(下落)

1.治験進捗経過後

2017年10月16日、外傷性脳損傷に適応のあるパイプラインであるSB623の治験進捗に関する予測を証券会社が公表。その後、2017年10月17日の株価は下落する。

サンバイオ(4592)の関連銘柄

1.大日本住友製薬(4506)

脳梗塞(慢性期)に適応のあるパイプライン(新薬候補)であるSB623を共同開発している。なお、サンバイオ(4592)の株式保有率6.2%の大株主である。

2.帝人(3401

脳梗塞(慢性期)に適応のあるパイプライン(新薬候補)であるSB623の上市後の販売権契約をしている。なお、サンバイオ(4592)の株式保有率6.1%の大株主である。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク