UMNファーマ(4585)の株価/株式を買う前に知っておきたい7つのこと

UMNファーマ(4585)とは

UMNファーマは、ノロウィルス、ロタウイルス、季節性インフルエンザなどのバイオ医薬品の開発をする製薬会社である。現在UMNファーマが有している5本のパイプラインは非臨床試験段階にあるため、開発したバイオ医薬品の売上以外の収益源に依存する会社である。

そのため、最近まではUMN-0502の上市を目指して大黒柱となる収益の確保を目標としてきたが、製造販売承認が国内では下りず、共同開発研究をしてきたアステラス製薬株式会社とは資本業務提携の解約を2017年1月10日に公表。これを機にUMNファーマは受託開発をはじめ他の収益源確保に躍起になっていた。

そんな矢先の2017年10月31日、塩野義製薬株式会社とヒト用感染予防ワクチンのフェーズI段階における開発の資本業務提携を公表。UMN-0502の上市失敗によりアステラス製薬株式会社という資金源を失い、一時は上場廃止とまで噂されたUMNファーマであったが、塩野義製薬株式会社との資本業務提携を機に再復帰が期待されている。

UMNファーマ(4585)のパイプライン(新薬候補)

1.UMN-2002

ノロウィルスに適応のあるパイプライン(新薬候補)

2.UMN-2001

ロタウイルスに適応のあるパイプライン(新薬候補)

3.UMN-0502

季節性インフルエンザに適応のあるパイプライン(新薬候補)

UMNファーマ(4585)の株価/株式に対する投資家のコメント

UMNファーマ(4585)の株価/株式チャート

UMNファーマ(4585)の株価/株式に関するIRニュース(上昇)

1.資本業務提携による資金調達

2017年10月31日、塩野義製薬株式会社との資本業務提携を公表。内容は、塩野義製薬株式会社より約16億円の資金調達をする代わりに普通株式600,000株、無担保転換社債型新株予約権付社債4,900,000株の割当。公表後、株価は26.85%上昇でストップ高になる。

UMNファーマ(4585)の株価/株式に関するIRニュース(下落)

1.資本業務提携解約

2017年1月10日、アステラス製薬株式会社との資本業務提携の解消を公表。これまでUMN-0501、UMN-0502の2本のパイプラインの共同研究をしていたが、アステラス製薬株式会社の解約権行使により破棄となる。公表後、株価は下落する。

UMNファーマ(4585)の関連銘柄

1.塩野義製薬(4507)

ヒト用感染予防ワクチンのフェーズI段階における開発の資本業務提携を2017年10月31日より開始。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク