そーせいグループ(4565)の株価/株式を買う前に知っておきたい7つのこと

そーせいグループ(4565)とは

そーせいグループはCOPDの諸症状を緩和するための気管支拡張剤シーブリ(一般名:グリコピロニウム臭化物)、シーブリの配合錠であるウルティブロ(一般名:グリコピロニウム臭化物/インダカテロールマレイン酸塩)などの医療用医薬品を販売する製薬会社である。

また、2015年2月よりそーせいグループの完全子会社となったHeptares Therapeutics Ltdは、アンメットメディカルニーズの疾患であるアルツハイマー病、認知障害などの新薬を開発している。

そーせいグループの株価の直近5年の最高値は2016年5月9日である。この最高値の材料となったのは、2016年4月7日自社プレスリリースで公表したHeptares Therapeutics Ltdと世界的製薬会社であるAllergan社とのアルツハイマー病などの中枢神経系疾患の新薬の開発・販売提携である。

2016年度製薬会社売上高ランキング19位であるAllergan社との提携、かつアンメットメディカルニーズとして期待されるアルツハイマー病をはじめとした神経系疾患の新薬の開発提携とあり株価は急騰したのだ。

そーせいグループ(4565)のパイプライン(新薬候補)

1.SO-1105

口腔咽頭カンジダ症に適応のあるパイプライン(新薬候補)

2.ムスカリン受容体M1作動薬

アルツハイマー病、認知障害に適応のあるパイプライン(新薬候補)

3.M4作動薬

統合失調症、精神疾患に適応のあるパイプライン(新薬候補)

そーせいグループ(4565)の株価/株式に対する投資家のコメント

そーせいグループ(4565)の株価/株式チャート

そーせいグループ(4565)の株価/株式に関するIRニュース(上昇)

1.新薬開発のための共同研究

2016年4月7日自社プレスリリースで公表したHeptares Therapeutics Ltdと世界的製薬会社であるAllergan社とのアルツハイマー病などの中枢神経系疾患の新薬の開発・販売提携を公表。以後、株価は急騰する。

そーせいグループ(4565)の株価/株式に関するIRニュース(下落)

1.投資銀行をはじめ機関の空売り

急騰したそーせいグループの株価は投資銀行をはじめとした機関に空売りを仕掛けられる。

そーせいグループ(4565)の関連銘柄

1.PFIZER INC (PFE)

そーせいグループ第2位の筆頭株主

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク