アンジェス(4563)の株価/株式を買う前に知っておきたい7つのこと

アンジェス(4563)とは

アンジェスは希少疾患領域を中心とした遺伝子治療薬の研究開発をする製薬会社である。現在の主要なパイプライン(新薬候補)は3本あり、重症虚血肢、椎間板性腰痛症、高血圧の3つの適応で製造販売承認取得を目指して研究開発を進めている。

3本のパイプライン(新薬候補)中でも重症虚血肢に適応のあるHGF遺伝子治療薬の開発が最も進行しており、2017年8月1日に6例目の観察期間が終了している。なお、重症虚血肢とは足の血流が極度に悪化する疾患である。

本来は中等度以上のアトピー性皮膚炎の適応で臨床試験を実施していたAMG0101が、2016年7月7日第III相試験で主要評価項目項目を達成しないことが判り開発中止になった影響で、現在のアンジェスの柱は重症虚血肢に適応のあるHGF遺伝子治療薬のみである。

研究開発のための資金調達にも非常に苦戦しているため、2017年8月28日には31回目となる新株予約権(第三者割当て)による資金調達を公表している。

アンジェス(4563)のパイプライン(新薬候補)

1.AMG0001

重症虚血肢(閉塞性動脈硬化症およびバージャー病)に適応のあるパイプライン(新薬候補)

2.AMG0101

椎間板性腰痛症に適応のあるパイプライン(新薬候補)

3.AGMG0201

高血圧に適応のあるパイプライン(新薬候補)

アンジェス(4563)の株価/株式に対する投資家のコメント

アンジェス(4563)の株価/株式チャート

アンジェス(4563)の株価/株式に関するIRニュース(上昇)

1.パイプライン(新薬候補)のポジティブな進捗経過

2017年6月10日、遺伝子治療薬「ベペルミノゲン」について10月をメドに製造販売の承認を行うと一部で報道後、株価はストップ高。

アンジェス(4563)の株価/株式に関するIRニュース(下落)

1.新株予約権(第三者割当て)による資金調達

2017年8月28日、新株予約権(第三者割当て)の募集を公表後、株価はストップ安を記録する。市場株価を下回る公募価格の新株予約のため。

アンジェス(4563)の関連銘柄

1.田辺三菱製薬(4508)

2015年6月より国内、米国においてAMG0001の販売権の提携先である




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク