ケアネット(2150)の株価/株式を買う前に知っておきたい6つのこと

ケアネット(2150)とは

ケアネットは医師をはじめとした医療関係者に対して最新の医療ニュースなどの有料・無料医療コンテンツを提供する医療IT企業である。また、ケアネットが運営する医療関係者向けサイトに登録した会員に対して製薬会社の医薬品のプロモーション支援を実施している。

つまり、第2のエムスリー(2413)になり得る企業である。なお、エムスリー(2413)の時価総額は1兆円弱であるのに対してケアネットの時価総額は100億円弱であるため、株価の成長余地はケアネットにあるであろう。

なぜなら、ケアネットが運営する医療情報専門サイトの医師登録会員数は2017年7月末時点で136,589人も登録しているからである。エムスリーの運営する医療情報専門サイトの医師登録会員数が25万人以上を超えているが、ケアネットもそれなりの会員数を誇るにも関わらずこの時価総額である。

ケアネット(2150)の株価/株式に対する投資家のコメント

ケアネット(2150)の株価/株式チャート

ケアネット(2150)の株価/株式に関するIRニュース(上昇)

1.増配

2017年8月30日、株式分割ならびに増配を公表後、株価はストップ高になる。1株当たり配当金は6円。株式分割を実施するため実質的には12円と従来予想(10円)から増額。

2.業務提携

2016年11月19日、インドのインデジンライフシステムズと業務提携を公表後、株価はストップ高になる。医療医薬品の成長市場であるインドにおいて製薬会社向けの営業支援サービスを実施するインデジンライフシステムズとの提携に対して市場は将来性を評価。

ケアネット(2150)の株価/株式に関するIRニュース(下落)

1.大株主の株式売却

ケアネット(2150)の大株主であるミレニアムパートナーズが保有率減少を公表。その後、株価は下落する。

ケアネット(2150)の関連銘柄

1.マクロミル(3978)

2014年12月、医療分野の調査専門の合弁会社「株式会社マクロミルケアネット」を設立している

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク