ペプチドリーム(4587)の株価/株式を買う前に知っておきたい6つのこと

ペプチドリーム(4587)とは

ペプチドリームはPDPSと言われる創薬探索プラットフォームを製薬会社、バイオベンチャー企業などへ提供する企業である。ヒット化合物の段階からリード化合物の段階まで、創薬プロセスの一連の流れにおける創薬支援技術を提供する企業なだけあって、提携する企業は多い。

例えば、ノバルティス、メルク、GSK、サノフィ、アストラゼネカなど2016年度売上高世界ランキングトップ10である製薬会社の半数とアライアンスパートナー契約を締結している。契約の締結内容としては主に3種類あり、創薬共同研究開発、PDPSの技術ライセンス提供、バイオベンチャー戦略的提携である。

契約内容の詳細は非公開であるためそのビジネスモデルは不明であるが、恐らく創薬共同研究開発、PDPSの技術ライセンス提供、バイオベンチャー戦略的提携の順にペプチドリームに支払われる金額は大きいであろう。バイオベンチャー戦略的提携にいたっては収益はほぼ0に等しい代わりに、ペプチドリームが創薬ベンチャーと共にリスクを負って創薬に挑戦し、成功した暁には大きなリターンを得る投資的なビジネスといっても過言ではないだろう。

複数の大手製薬会社とアライアンスパートナー契約を締結しているため純利益も数十億円ほど年間で出しているが、2017年11月18日現在で時価総額4200億円、PER200倍、PBR30倍を超えるなど株価は既に騰がっている感が否めない。

また、アライアンスパートナー契約により収入は1社当たり数億~10億円規模の契約一時金、マイルストン収入であり、製薬会社の数には限りがあることから今後の成長余地は大きく期待できない。現に、2017年6月期に公表した売上高伸び比は同前期の13%であった。つまりペプチドリームの今後の株価上昇の命運を握るのは、自社のパイプライン(新薬候補)の開発に成功するかどうかである。

ペプチドリーム(4587)の株価/株式に対する投資家のコメント

ペプチドリーム(4587)の株価/株式チャート

ペプチドリーム(4587)の株価/株式に関するIRニュース(上昇)

1.創薬共同研究開発の公表

2017年11月16日、独バイエルAGとの創薬共同研究締結を公表。その後、株価は1日だけ8.64%上昇する。

ペプチドリーム(4587)の株価/株式に関するIRニュース(下落)

1.創薬共同研究締結解消の公表

2017年6月25日、ファイザー社との創薬共同研究締結解消を公表。その後、株価はストップ安

ペプチドリーム(4587)の関連銘柄

1.第一三共(4568)

2012年よりアライアンスパートナー契約を第一三共と締結している

2.田辺三菱製薬(4508)

2010年よりアライアンスパートナー契約を田辺三菱製薬と締結している

3.塩野義製薬(4507)

2016年よりアライアンスパートナー契約を塩野義製薬と締結している

スポンサーリンク