時価総額100億円以下のバイオベンチャー株を買う前に知っておいて欲しいたった1つのこと

それは、たった1つの治験の結果次第で株価が

1日で10分の1

になる可能性があるということです。例えば2018年3月30日、ナスダックに上場するEdge Therapeutics,Inc.の株価はわずか1日で株価が90%以上下落しました。

この暴落の理由は、2018年3月29日にEdge Therapeutics,Inc.のプレスリリースで公表された、治験の最終段階である第III相治験に失敗したためです。Edge Therapeutics,Inc.は動脈瘤性くも膜下出血の予定適応で新薬候補であるEG-1962の第III相試験を進行中でした。

2018年1月2日、この治験の途中結果はEdge Therapeutics,Inc.のプレスリリースで公表されており、その内容は非常にポジティブな内容で株価は1日で7.8%上昇。期待されていた矢先の治験失敗。市場はまさに寝耳に水。時価総額わずか36億円のEdge Therapeutics,Inc.の株価は1株あたり14.28ドルから1.31ドルまで下落。仮想通貨をも凌ぐナイアガラの滝の完成です。

以上のような株価が1日で10分の1になることは、株価の1日の値幅制限のない米国株だからこそ起き得ることです。しかし、米国株のことなので他人事とはせず、

1.時価総額100億円以下
2.第III相試験進行中

以上のような2つの条件が当てはまるバイオベンチャー企業であれば、米国株でも日本株でも十分に起こり得ることであると肝に銘じるべきです。違いは1日で10分の1になるか?3日で10分の1になるか?わずか数日間の違いくらいしかないですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. essayforme より:

    write essays for me http://sdfeklhjyujg.com/

    Information certainly considered!!