アイロムグループ(2372)の株価が絶好調な2つの理由

アイロムグループの株価が好調である。本日も+3.51%の2920円で着地している。では、なぜアイロムグループの株価がここまで高騰しているのか?その理由は、本業であるSMO事業の売上高、営業利益ともに絶好調であることと、iPS細胞作成キットのライセンス契約が好調であるためである。

ロシュ社のイグナイタ社買収の命運はFundation Medicine社が握っている

エフ・ホフマン・ラ・ロシュ社は、ROS1、NTRK遺伝子変異を有する固形がん患者に対する治療薬であるエントレクチニブを開発するイグナイタ社を17億ドル(約1900億円)で買収することを2017年12月22日に自社のプレスリリースで公表した。この買収はエフ・ホフマン・ラ・ロシュ社の事業戦略である

ジーンテクノサイエンス(4584)のバイオシミラー(BS)ビジネスの現状

以上のように、ジーンテクノサイエンス(4584)は複数のバイオシミラーのパイプラインを有しており、今回紹介した以外のパイプラインを含めると合計11品目ある。主要品目のバイオシミラーの世界の市場規模は1兆2000億円と算出されていることからも、バイオシミラービジネスの市場は成長性が高いといっても過言ではないだろう。しかし、

スポンサーリンク